リビング

賃貸物件の注意点

赤い家具

賃貸アパートなどの賃貸物件を選ぶ際は、契約前に良く間取りや設備を確認するようにしましょう。また賃貸物件に問題が合った際は、すみやかに管理会社へ連絡するようにしましょう。

Read more

リフォームの際の注意

赤い椅子

お風呂などのリフォームを行うだけでも、浴室が広くなったり断熱性が高まることで快適に過ごしやすい家へと変化させることができます。またお風呂のリフォームの際には、お風呂に使用する蓋などにも気を配りましょう。

Read more

これまでのリフォーム

長いテーブル

日本にリフォームが伝わったのは意外にもごく最近のことで、リフォームの歴史は50年程しかないと言われています。またリフォームは全面的に新しくする以外にも、部分的に新しく作り直すこともできます。

Read more

虫を防ぐ大切な網戸

障子

身の回りが綺麗な人生が変わります!片付けのコツを知っておくだけで、部屋をスッキリさせることができます。捨てることが大切です。

家の形を変えましょう。世田谷でリフォーム工事をすることができます。スタッフがお客様の要望に合わせて施工してくれますよ。

網戸は蚊やハエの侵入を防ぐとても大切な家屋の必需品です。 網戸なしでは窓を開けることもできません。特に最近ではスズメバチが多くなってきたり、蚊の媒介するデング熱の流行で網戸の需要は特に高まっています。 網戸は破れがあると意味がありませんので、破れている場合は張替えが絶対に必要です。 張替えは素人でもでき、ホームセンターで売っていますのでそれを買ってくれば張替え自体は1枚につき1000円程度できます。概ね5年から10年に1回は張替えをしいた方がよいでしょう。ここ数年この金額に変動はなく、今後もあまり変わることはないでしょう。 また自分で張替えるのが面倒な人は業者に頼むのもよいでしょう。業者に頼む場合でも一枚2000程度ででき、この価格にも変動はあまりありません。

網戸はなんのためにあるかというと、やはり虫を室内に入れないためでしょう。 4月、5月ころから9月月末、長い場合ですと10月ころまで家屋の窓は開けはなって過ごすことが多く、外の空気を室内にいれることは気持ちのいいものです。 しかしこの時期は同時に虫も非常に多く発生して、下手をすれば屋内に入ってきます。その代表が蚊と蜂、ハエではないでしょうか。この3つの室内への侵入を防ぐために網戸があるようなものです。 網戸の歴史は意外と浅く、昭和後期にアルミニウムでできたサッシが登場ししこに網戸を張るという発想がうまれたのがその歴史の始まりです。 それまでは日本では蚊帳を利用しており、主に就寝時のみ使っていたのです。 現在では素人でも網戸の張替えをすることが可能です。

日本は湿度が高い環境なので開放的な部屋の作りをしています。網戸の張替えをすることで虫避けになるので和室には欠かせません。